地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、横浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

横浜の地域情報サイト「まいぷれ」

【センター北のうんち薬局 漢方ハタ薬局~いい香り~下痢 ・便秘・腰痛・膝痛・ 坐骨神経痛・自律神経・睡眠・後鼻漏・痔・ぢ

ハタ薬局

先日、お寺に訪問した時の事です。
靴を脱いでお寺に入るととても心落ち着く、どこか懐かしいいい香りがしました。
お寺の中でお線香やお香を焚いていたのでしょうか。お寺の中という緊張感とお香のリラックス出来る香りで
ほどよい心地の中、落ち着いて参拝が出来ました。

同じく香りと言えばアロマテラピーもあります。眠りにつくとき、落ち着きたいときなど様々な状況によって
合うアロマを使用すれば、心身によい効果を与えてくれます。中にはメディカルアロマという、フランス生まれの
自然治癒力向上を目指すアロマテラピーもあります。

お香とアロマ。香りを楽しむという点では同じですがこの二つには違いがあります。
まず大きな違いとなるのが材料。お香は香木から作ります。
木や木の実、つぼみ、葉や茎など、植物そのものを原料に、すり潰したり練り合わせたりして作るのが
お香の特徴です。沈香、白檀の木が有名で、この木は仏具や高価な扇子にも利用されています。
一方、アロマで使われるエッセンシャルオイルは花や草、木などの植物から香りの成分を抽出した液体香料です。

お香とアロマは香りの広がり方も異なります。
アロマは最初に広がる香り(トップノート)に分類される、揮発速度の速い香りが含まれているので、
早い段階から香りが楽しめます。 一方お香はトップノートの香りは弱め。 熱を入れるとだんだんと香りが
強くなっていきます。
お香は常温で香りを楽しむものと加熱して香りを楽しむものがあります。加熱するものは、火が付くと
香りがぐんと広がり、最後に広がる香り(ボトムノート)は香木本来の強さを感じられます。
アロマは、キャンドル以外には直接熱を加えたりしません。蒸気にするなど間接的に熱を与えることで
空間に香りを広げます。

ふと香りを感じた香りがきっかけで気持ちが晴れたり、何かを思い出したり。
香りを日常に取り入れるだけでいつもと違う気分が味わえるかもしれません。季節の変わり目のちょっと
心身共に疲れて気持ちを変えたいとき。お気に入りの香りを見つけて気分を変えてみませんか。
  • 営業時間外09:00〜12:00
    詳細
    • 日曜日 09:00~12:00
    • 月曜日 09:00~19:00
    • 火曜日 09:00~19:00
    • 水曜日 09:00~19:00
    • 木曜日 09:00~12:30/15:00~19:00
    • 金曜日 09:00~19:00
    • 土曜日 09:00~16:00
045-911-3568

基本情報

名称ハタ薬局
フリガナハタヤッキョク
住所224-0003 横浜市都筑区中川中央1-28-14
アクセス横浜市営地下鉄ブルーラインセンター北駅より徒歩約2分
電話番号045-911-3568
営業時間
日曜日
09:00~12:00
月曜日
09:00~19:00
火曜日
09:00~19:00
水曜日
09:00~19:00
木曜日
09:00~12:30、15:00~19:00
金曜日
09:00~19:00
土曜日
09:00~16:00
ホームページhttps://www.webtowns.net/hatadrug/
Facebookアカウントhttps://www.facebook.com/gen.mizuno2
Instagramアカウントhttps://www.instagram.com/genkidou_mizuno_hatayakkyoku/
LINEアカウントhttps://lin.ee/mqNBmGa
関連ページホームページ
Facebook
ブログ
こだわり

まいぷれ[横浜市] 公式SNSアカウント