地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、横浜市港北区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

横浜市港北区の地域情報サイト「まいぷれ」

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

終わっていますか?不動産の相続登記【相続登記の義務化】(横浜市港北区大倉山の司法書士office HARERU)

 司法書士office HARERUのニュース

相続登記の義務化「終わっていますか?不動産の相続登記【相続登記の義務化】(横浜市港北区大倉山の司法書士office HARERU)」

相続登記の義務化

相続登記の申請が義務化されます!

【相続登記の義務化】

不動産の所有者が亡くなった際、所有者を相続人に名義変更する手続きが、相続登記。
この相続登記の申請が義務化されます。

【背景】

相続登記の義務化の背景は、所有者不明土地問題です。
所有者不明土地とは
・不動産登記簿から所有者が分からない土地
・所有者が分かっても、所在が不明で所有者と連絡がつかない土地
のことをいいます。
所有者不明土地の問題点は
・所有者の探索に多大な時間と費用が必要
・土地が管理されず放置される
・土地の管理・利用のために必要な合意形成ができない
などがあります。
所有者不明土地の影響は
・公共事業や復旧・復興事業が円滑に進まない
・土地の民間取引や利活用を阻害
・土地の管理不全による近隣への悪影響の発生
などが挙げられます。
高齢化の進展等により、今後ますます問題が深刻化することが懸念されています。
この問題の予防的対応策の一つとして、不動産登記制度の見直しがなされ、
法改正により、相続登記の義務化が決まっています。

【いつから?】

義務化が始まる時期は、令和6年(2024年)までとなっています。

【対象となる?いつまでに?】

義務化が始まった後の相続だけではなく、
義務化が始まる前の相続も対象となります。
では、いつまでにやらなくてはならないのか。
それは、相続の開始と不動産の取得を知ってから3年以内です。
(施行前の相続については施行日から3年以内)

【罰則は?】

相続登記の義務違反には罰則があります。
10万円以下の過料とされています。
正当な理由がなく登記申請を怠った場合に対象となるので、注意が必要です。
事情により相続登記が期限内にできないような場合もあります。
そういった場合は、
新しくつくられる制度の相続人申告登記をすることで、
義務を履行したことになります。
ただし、改めて相続登記をする必要はあります。

【司法書士 office HARERUでは、相続登記のご相談を承っております】

ご相談は無料にて承っております。

お読みいただきありがとうございました。
ご相談・ご依頼は、
お電話、ファックス、メール、公式ホームページのお問い合わせフォーム・無料相談フォームにて、
お待ちしております。

カテゴリ

名称司法書士office HARERU
フリガナシホウショシオフィスハレル
住所222-0037 横浜市港北区大倉山3-2-18 セントヒルズ大倉山204
アクセス東急東横線大倉山駅より徒歩3分
電話番号045-633-8147
ファックス番号045-633-8148
メールアドレスhareru@office-hareru.com
営業時間
日曜日
定休日
月曜日
09:00~18:00
火曜日
09:00~18:00
水曜日
09:00~18:00
木曜日
09:00~18:00
金曜日
09:00~18:00
土曜日
定休日

※時間外でもできる限り対応します。
※休日の面談は予約制にて承ります。

関連ページ公式ホームページ
公式Facebook
公式Instagram
問い合わせページ外部サイトに繋がります
こだわり
法律・会計[司法書士事務所/法律相談]

司法書士office HARERU

イベントカレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。