地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、横浜市磯子区・金沢区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

横浜市磯子区・金沢区の地域情報サイト「まいぷれ」横浜市磯子区・金沢区

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

間取りの"S"ってなに??

 ホームサポート有限会社たなべ 売買営業所のニュース

「間取りの"S"ってなに??」
こんにちは!ホームサポートの伊東です。

物件探しをしていると、間取りが「◯SLDK」や「◯LDK+S」などと記載されている物件ってたまにありますよね。
この「S」ってなんだかご存知ですか?

● "S" (サービスルーム) ってなに?

居室は、建築基準法での定義付けがあります。
居室としての必要条件は、「採光に必要な窓などの開口部が居室床面積"7分の1以上"であること」、「換気に必要な開口部が床面積"20分の1以上"であること」です。
この定義に合わない部屋は、居室ではなく納戸的な扱いになるのです。
それが"S"(サービスルーム)と記載される部屋になります。
間取り図によっては、"S"(サービスルーム)、"N"(納戸)、"WIC"(ウォークインクローゼット)、"DEN"(書斎)などと記載にされているものもありますが、すべて居室とは認められない部屋になります。
居室の条件に満たないサービスルームは、広さに関係なく6畳近くある場合もあります。また、窓がついているのにサービスルームとなっている部屋もあります。
これは、さまざまな条件により
(隣接する建物等により影になるなど)
採光が得られない窓とみなされ、有効面積にならないのです。
例えば、マンション内で同じ間取りの部屋でも、上層階の部屋は「3LDK」となっているのに、下層階の部屋は「2LDK+S」と掲載されていることがあります。
この場合、上層階では光が得られる窓が、下層階では隣接する建物の陰になり採光の得られない窓とみなされていることが考えられます。
一概にサービスルームといっても、形はそれぞれです。


● "S"(サービスルーム)のメリット・デメリットって?

"S"(サービスルーム)の最大メリットは、販売価格です。同じ間取りでも居室が1つ減るとみなされるので、価格が安くなります。
よって、同じ間取りや同じ平米数でも3LDKより2LDK+Sのほうが価格が安くなります。

デメリットとしては、やはり採光が十分でない点が挙げられます。また、居室とみなしていないことにより、テレビや有線LANの差込口がなかったり、エアコンを設置するための空調設備が設けられないということがよくあります。
サービスルームをどのように使うかは特に規定はありませんので、そこを居室として利用することは可能です。
ですが、夏や冬にエアコンの無い部屋で過ごすのは厳しいものですよね。

「やはり居室として使うのは難しいのでは」

いえいえ、対策はあります!
窓用エアコンを設置するなどで対応すれば、居室として十分に使えるサービスルームもあるんです。また、窓がないサービスルームは日光の影響を受けにくいので、日焼けを避けたい衣類や書類、食品などの収納スペースとして使うことも可能です。
"S"の付いた物件は、間取りだけで判断するのではなく、まずは現場を見ることをオススメします。同じサービスルームでもさまざまですので、実際に現地を見て見るといいでしょう。
名称 ホームサポート有限会社たなべ 売買営業所
フリガナ ホームサポートユウゲンガイシャタナベ バイバイエイギョウショ
住所 235-0033  横浜市磯子区 杉田2-1-8 2階
電話番号 045-352-7796
ファックス番号 045-352-7765
営業時間
日曜日
10:00 ~20:00
月曜日
10:00 ~20:00
火曜日
10:00 ~20:00
水曜日
定休日
木曜日
10:00 ~20:00
金曜日
10:00 ~20:00
土曜日
10:00 ~20:00
関連ページ at home
instagram
Facebook
こだわり
不動産[不動産(購入・売却・建築)、リフォーム、賃貸管理]

ホームサポート有限会社たなべ 売買営業所

最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ